おのぼり三国志―中国資料館―

蘇州、といえば水の都。
なはずだが、あまりピンとこない。もっと脇道やへき地に行かねばならなかったようだ。
でも蘇州より周荘や同里に行ってみたいの。
で写真がとても少ない。
友人達と一緒に行って、彼女達が写っている写真を省いたら、何も残らなかった。

駅前を流れていた河
蘇州駅軟座様用待ち合い室
お金を出して良い席を買えば、良い待ち合い室でぐーたらできる。
共産主義ってそういうもんだっけ?と思ったりするけど、すぐ忘れる。
一番奥はお金持ちな外国人向けお土産屋さん。
しかし店員に仕事をする気があるはずもなく、誰もいない。
いない場合はケースの電気も消されている場合が・・・。
節電を心掛けているのか、客をはねつけるためなのか、その辺は不明。
蘇州駅ホーム
駅にくるとワクワクしませんか?
わたしだけですか?
ドキドキもしますけど。
たまに乗り間違えるから。
(広い中国でやると、ちょっとヒサンです)