おのぼり三国志―中国資料館―

南京。いにしえの建業。
バックパック旅行で一度来たきりなので、内容はいたって薄い。
周囲に人はいないし、時間は取り放題なんだけど、まず身の安全を確保しないといけないので、カメラを出すのが憂鬱なときもある。

1988年8月
石頭城(の上にのっかる)
地図を握りしめて、石頭城をめざす。
地図通りに歩いたら、ちゃんと石頭城に着いた。
その真上だけど。
石頭城(の上から周囲を見渡す)
石頭城の上は手入れされてない公園のようになっていて、散歩するおじさんや、太極拳中のおじさんがいた。
1800年前の城の周りの景色はどんなだっただろー、と思い、見渡す。
・・・地平線しかない。
石頭城(正しい位置)
観光する場合の正しいポイント。
下の石碑にちゃんと「石頭城」と書いてある。
上の写真では、ちょうどこの上に立ってたわけで・・・。
降りてここまでくるのにグルリンと大回りして、大量に歩いた良い(涙)思い出があります。
紫金山山上
普通、南京観光っていったら、孫権のお墓とか、南京博物館とか見るものはいっぱいあると思うんだけど、何を考えていたのか、紫金山登ったわたし。
頂上には天文台がありますが、観光できるわけでもなし、単に見晴しが良かっただけ、という・・・。
ええ、人と違ういい観光ができました。